白髪が出たら

髪の状態はどうですか?

必ずしも全員とは言えませんが、男40歳、女30歳を過ぎた辺りから白髪が増え始めるという科学的統計があります。実際、親しい人を見てみるとこの統計結果があてはまります。しかし、還暦を迎えても黒々とした頭髪を維持している人も居るので不思議なものです。その辺りの理由が、食べ物のせいか、遺伝のせいか、科学的にはよくわかっていないようです。 例え白髪が目立ち始めても、そのまま自然に任せて放置しておくかどうかは個人の自由です。その人の職種・職域によっては上司から白髪染めするように言われることがあります。特に外回り営業担当者などは身なりが大事ですので、これは理解できます。人との関係は第一印象が大事ですので、白髪頭よりも、若々しい黒髪の方が相手に好印象を与えるので当然です。

白髪染めを使うと決断した場合、自分でやるか美容院でやってもらうかの選択肢があります。前者はコストは安いが色々と大変。後者はコストは高いが楽で仕上がりもキレイ。 どちらを選ぶかも、これまた個人の自由です。親しい人で白髪染めを使っている人達はどちらの選択が多いかといえば、圧倒的に自分で染める方法です。やはりコストがあまりに違いすぎるからでしょう。 ドラッグストアの白髪染めコーナーを見ると、様々な製品が置いてあります。昔はクリームタイプしか無かったですが、様子はだいぶ変わりました。それだけ、自家用白髪染めの需要が多いということでしょう。ムースのような泡を髪全体に行き渡らせるだけで済むような物まであります。とても便利な時代になりました。 もし自分が白髪染の世話になるようになったら、このムースタイプを使うと思います。いや、その頃には、もっと便利な製品が誕生しているかもしれません。